蕁麻疹(じんましん)の治療

かゆみが起こった時、局部的な皮膚の紅斑と浮腫(むくみ)が生じ、短時間で跡を残さずに消えてしまう特徴の肌トラブルは、【蕁麻疹(じんましん)】の疑いがあります。
じんましんは、繰り返し発生することが多く、アレルギー性、非アレルギー性のどちらの原因も考えられます。

スポンサードリンク

じんましんと判断された場合、一般的な治療法は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服です。
また外用薬は通常使用しません。なぜなら、塗り薬をすり込む時、皮膚にそれ自体がかえって機械的な刺激を与えてしまい、わずかに盛り上がった赤い腫れ(膨疹)を消えにくくさせてしまうためです。

また、じんましんが1ヶ月以上の長期ににわたって出たり消えたりを繰り返す場合(慢性蕁麻疹)には、一定の間薬の内服を続けたあと、薬を徐々に減らしていく治療がとられます。

【蕁麻疹(じんましん)】の場合の生活上における注意点

・原因や誘因が食べ物や薬剤、接触、光線などと特定できる場合は、それを避けるような生活を工夫することも大切な予防策となります。
・じんましんが繰り返し起こる場合は、皮膚をひっかいたり、飲酒および摩擦などの機械的刺激といった皮膚の血管を広げさせるようなことは避けるようにしましょう。
 よって長風呂もおすすめできません。
・食べ物では、刺激の強いものや香辛料を避け、消化のよいものを選ぶようにしましょう。

じんましんが起こりやすい皮膚の場合、ひっかくことによってすぐにみみず腫れの膨疹が生じます。
これを「人工蕁麻疹」といいます。

不規則な生活やストレスもじんましんを助長します。
規則正しい生活をし、睡眠を充分にとるように心がけましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

発疹と発熱が一緒にでた場合
肌のトラブルといえば、たいていの場合発疹がみられます。 ただし発疹ができたからと......
発疹はないけどかゆみがある
かゆみなどの肌のトラブルは、必ずしも原因が皮膚病によるものとは限りません。 全身......
発疹のないかゆみは肌トラブル?
肌に起こるトラブルの多くは、発疹です。 そして発疹が生じた場合、通常はかゆみが伴......
基本の洗浄
肌トラブルの多くは、肌の汚れに対する適切ではない対処の方法にあるようです。 まず......
スキンケアの基本は3つ
肌トラブルに悩んでいる方は、男女問わずに非常に増えてきています。現代では肌トラブ......
保湿ケアの大切さ
人間の肌は「皮脂膜」で覆われています。皮脂膜とはどのようなものでしょうか? 皮脂......
化粧水と乳液による保湿ケア
毛穴につまった汚れが、多くの肌トラブルの原因といわれています。よってスキンケアの......
保湿ケアに保湿クリームと入浴剤
肌の乾燥は、肌の汚れと同様、さまざまな肌トラブルの大きな原因となってしまいます。......
お肌の天然の保湿成分
スキンケアの基本中の基本は、“洗浄”です。つまり肌にとっては不必要なもの、いわゆ......
お顔の肌の汚れは2種類
肌の毎日の汚れ、特にお顔の肌の汚れは気になりますね。 顔の肌の汚れには、ファンデ......
肌に良い栄養素
肌トラブルの起こる原因はさまざまで、なかには原因不明のものも多いかと思います。 ......
発疹の種類と説明
肌トラブルとは、皮膚に何らかの変化が生じた状態といえます。 その多くは目に見える......
湿疹と皮膚炎
肌のトラブルの中でも【湿疹(しっしん)】は、【皮膚炎(ひふえん)】とあまり区別な......
発疹 生活上の注意
もし肌にトラブルが起きてしまったら、日常生活はどのようなことに注意して行っていけ......
かぶれと原因
肌トラブルでよく起こるものといえば接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)、いわゆ......
接触性皮膚炎(かぶれ)とパッチテスト
外から来る多様な物質が皮膚に付いたりなど作用して、皮膚がその物質に対して敏感に反......
蕁麻疹の原因
局部的な皮膚の浮腫(むくみ)と紅斑でかゆみも伴ったものを【蕁麻疹(じんましん)】......
主婦湿疹とは?
冬場によく耳にする【主婦湿疹】は、【進行性指掌角皮症(しんこうせいしょうかくひし......
主婦湿疹の治療と対策
よく“主婦湿疹”という言葉を耳にしますね。 これは主に女性の利き手の指を中心にみ......
皮膚のかゆみ発疹
肌トラブルの大半は、皮膚の発疹などといった目に見える変化をさします。 そして発疹......
老人性皮膚よう痒症の対策
皮膚が老化により衰えてくると、皮膚の表面の角質層が乾いてしまい、カサカサしてかゆ......
乾癬とは?
昔からさまざまな治療法がとられながらも、これといった治療方法がない肌トラブルに【......
女性の悩み〜しみ
女性を悩ますもののひとつは“しみ”ですね。 30歳をすぎた頃からでしょうか・・・......
ほくろと癌の関係
ほくろについて詳しくご存知ですか?一般的に“ほくろ”と呼ばれているものは【色素性......

▲このページのトップへ